◇華道教室

 

講師 : 前田栄甫(嵯峨御流講師)
 

暮らしの中に四季の花の贈物・・・。

自分の心で生けることで感性をみがきます。

 

 

● 嵯峨御流とは ●

 平安時代初期、嵯峨天皇がある秋の日、大沢の池で舟遊びをされた際に、菊ヶ島に咲いていた菊を手折って瓶に挿されたところ、天・地・人の三才を自然に備えた美しい姿にいけ上がりました。その時、天皇はたいへん感動されて言われた言葉「爾今、花を賞ずる者は、これを範とすべし」を聖範として、嵯峨御流生け花は始められました。

 

 大正十年に大覚寺に「華道総司所」が設立され、昭和に入って、「未生御流 − 生花」「嵯峨流 − 盛花、瓶花」「嵯峨荘厳華」の諸様式が完備され、それらを総称して「嵯峨流」と呼ぶようになりました。そして、昭和50年からは「嵯峨御流」の名称を対外的な流名として今日に至っています。

 

講習日

 月3回 月曜日 13:00〜15:00
※土曜日をご希望の方はお問合せ下さい。

受講料

 5,650円(月3回)  3250円(月1回)